NPO法人日本野鳥の会十勝支部

NPO法人日本野鳥の会十勝支部(旧日本野鳥の会十勝支部)のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

行事案内2016年4-5月

 基本的に野鳥の会十勝支部会員向けの行事ですが、行事によっては一般の方も参加できますので興味のある行事がありましたらお問い合わせください。
wbsj-tokachi●mild.ocn.ne.jp ●→@

シマエナガ圧

<湧洞沼探鳥会>
日時:4月23日(土) 8:00帯広百年記念館駐車場 8:45豊頃町茂岩エルム館駐車場集合
太平洋に面した海跡湖でカモ類、カモメ類などの水鳥や猛禽類を探します。 申し込み不要

<お散歩会>十勝植物の会と共催
 日時:4月29日(金・祝) 13:00 帯広畜産大学正門集合  要申し込み
畜大から農高カシワ林、機関庫川まで歩きます。早春の草花や小鳥たちをゆるーく観察します。

<バードウィーク展示> テーマ:「シマフクロウの住める森ってどんな森?」
場所:十勝川インフォメーションセンター
日時:5月7日(土)~13日(金)9~17時 ※月曜休館 
 はく製、野鳥写真の展示を行います。
焼肉懇親会:7日(土)12:00~ 申し込み:不要 会員のみ
焼き台、炭、お皿、コップは用意しますので自分で好きな食べ物・飲み物をお持ちください。 

<国見山探鳥会> 
 日時:5月7日(土) 7:30 国見山芽室側駐車場集合  申し込み不要
 オオルリ、センダイムシクイなど渡ってきた夏鳥と春の草花を観察します。

<嵐山探鳥会> 
 日時:5月8日(日) 8:00 国民宿舎新嵐山壮南側駐車場集合  申し込み不要
 初の開催地です。十勝平野の雄大な景色を楽しみながらアカハラやウグイスを探して歩きます。

<厚内沖船上観察会>
日時:5月14日(土)予備日15日(日) 時間未定 要申込み 参加費:5000~6000円程度(人数によります)釣り船で沖に出ます。ハシボソミズナギドリの群れ、夏羽のアビ類やヒレアシシギ類、キタオットセイなどに期待。 厚内漁港集合・解散ですが、足の無い方はご相談下さい。先着12名。

<帯広川探鳥会> 
 日時:5月21日(土) 7:30 帯広川札内川合流点の親水公園駐車場集合 申し込み不要
 夏鳥を観察しながら、草花を観察します。

<千代田新水路朝食付き探鳥会>
 日時:6月5日(日) 時間未定 千代田新水路管理棟集合 要申し込み
 ノゴマのさえずりやオオジシギのディスプレイを観察しながら手作りの朝食をいただきます。

<戸蔦別川河畔林・富士町孤立林観察会>
 早春から初夏まで、時期と場所が変わると見られる野鳥も変わってきます。講師と一緒に野鳥や草花の識別を学びながら楽しく観察しましょう。
要申込み 集合場所:帯広畜産大学講堂前駐車場(正門入って左側)
※戸蔦別河畔林が近い方はA-COOP戸蔦店の後ろにある公園、さくらんぼ工房の駐車場
第1回(鳥類) 富士町孤立林 日時:4月24日(日) 講師:千嶋 淳
集合時間:7:30 
第2回(鳥類) 戸蔦別川河畔林 日時5月1日(日) 講師:千嶋 淳
集合時間:7:30(さくらんぼ工房7:50)
第3回(植物) 戸蔦別川河畔林 日時5月22日(日) 講師:佐藤 敏郎
集合時間:9:00(さくらんぼ工房9:20) 
第4回(植物) 戸蔦別川河畔林 日時6月19日(日) 講師:佐藤 敏郎
集合時間:9:00(さくらんぼ工房9:20)
第5回(鳥類) 富士町孤立林 日時:6月26日(日) 講師:千嶋 淳
集合時間:7:30

<~で盛り上がる会> 気楽に野鳥に限らず色々な話題で談笑しましょう。会員以外でも参加可能です。話題提供者と一緒に画像見るなど楽しみながら飲み食いして盛り上がろうというものです。
自由集合自由解散 場所:鶏の伊藤 西5条南28丁目2-8 参加費:当面頭割りの予定です。 要申込み

第4回「宮本昌幸さん千嶋淳さんとバンクーバーの鳥の話で盛り上がる会」日時:4月29日(金)16:00~
 カナダ、バンクーバーで撮影したばかりの北米の野鳥たちの写真をスライドで楽しみましょう!

第5回「野崎司春さんとエゾユキウサギと野鳥の話で盛り上がる会」 日時:6月11日(土)15:00~
 小学校の先生をされていた野崎さん(現在は帯広児童会館勤務)とエゾユキウサギや野鳥の話で盛り上がりましょう!

アオジ

植林などの自然再生・保全イベント

<楽天の森プロジェクト>
楽天の森プロジェクト説明会
日時:4月9日(土) 18:00~ 場所:十勝川インフォメーションセンター 申し込み不要
 楽天の森プロジェクトについて楽天本社から担当者がきて説明会を行います。説明会終了後帯広市内の
飲食店で懇親会を行います。懇親会参加希望者は4月6日(木)までに室瀬まで連絡ください。
根室地方での植樹会
日時:5月14日 8時帯広出発 13時根室着予定 13時半植樹作業開始 15日植樹作業 
シマフクロウ生息地保全のためにトドマツの苗木を植樹します。

<湿地維持のためのヤナギ幼木抜き>
日時:5月5日(木・祝)10:00 池田町利別いちまる駐車場集合 参加費:1000円(弁当、飲料、保険 
代込) 
利別川の川合大橋周辺にできた湿地を維持するために、生えてきたばかりのヤナギの幼木を抜き取りながら河川清掃を行います。昨年はタカブシギをはじめシギ・チドリ類が集まり、タンチョウやカワセミがほぼ常に観察されました。湿地保全の可能性を探ります。
7・9月には湿地の生き物観察とヤナギ抜きを実施します。こちらはまだ日時未定です。
※この事業は北海道e-水プロジェクトの助成を受けて実施します。

スポンサーサイト
[ 2016/04/06 12:09 ] イベントのお知らせ | TB(0) | CM(0)

十勝管内の小中学校で野鳥観察、野鳥授業を行っています

 当会では27年度から日本たばこ産業株式会社JT様より助成を受け、十勝管内の小中学校で野鳥観察を通じて地域の自然に親しむ事業を開始しました。野鳥観察に向かない時期は教室で野鳥授業を行っています。これまで行ってきた野鳥観察授業、野鳥授業を紹介します。十勝管内の小中学校での課外授業として、その他行事等でも声をかけていただければ出向いて学校周辺で野鳥観察を行なったり室内で野帳授業を行います。
野鳥を通すことで地域の自然を身近に親しむことができます。

IMG_9296 (800x533)

野鳥ビンゴ

学校周辺を事前に歩いて野鳥観察に適した場所を選びます。またどんな野鳥がいるのか事前に探し、当日観察されると思われる野鳥をビンゴにして野鳥観察時に配布します。写真と共に鳴き声も書いてあるので姿が見えなくても鳴き声から探すことができます。
また観察開始前に双眼鏡の使い方を学ぶので自分で観察する方法を学びます。双眼鏡は会で用意して持参します。


野鳥観察の適期 5月初め~6月半ば 小鳥類 地域:すべて
 小鳥類は春、木に葉っぱが沢山茂る前が適しています。小鳥が観察しやすく、また良くさえずっているので探しやくおすすめです。6月以降では草原や河畔林の小鳥が比較的観察しやすいと思います。7・8月は野鳥観察には不向きです。
2015年5・6月に行った野鳥観察の様子↓
5月11日野鳥観察授業(新田小学校)
5月15日野鳥観察授業(下音更小学校)
6月10日野鳥観察授業(下音更小学校)
6月18日野鳥観察授業(東士幌小学校)
[ 2015/10/01 11:36 ] 野鳥授業 | TB(0) | CM(0)

野鳥授業「バードセーバー作りと翼・羽毛観察と鳥って恐竜?!」

9月25日、下音更小学校で野鳥授業を行いました。メンバーは3人で、今日はバードセーバー作りと羽の観察、鳥と恐竜の話をしてきました。
まずは剥製の話をして、剥製になった野鳥はなんで死んだのか考えて手をあげてもらいました。すぐに出たのが交通事故、木や電柱にぶつかる、動物やタカに捕まる等。なかなか出なかったのが窓ガラスへの衝突でした。窓ガラスにぶつかって死んでしまう野鳥が多いことを説明し、もしひとつの小学校で1年間に10羽野鳥が死んでいるとしたら?!小学校が日本には1万2千校ちょっとあるので約12万羽もの野鳥が死んでいることに!
スライド22

[ 2015/10/01 11:18 ] 野鳥授業 | TB(0) | CM(0)

イベント案内2015年10~12月

umi.jpg
<十勝沖海鳥・海上調査>
 浦幌町厚内漁港より船を出してもらい、海鳥や海獣類の調査を行う予定です。定員の範囲内で、興味のある方は同行できます。メール、メッセ、電話等にて連絡をお願いいたします。
日時:2015年10月11日(日) 出航時間未定(たぶん5時半~6時前後で、4時間程度を予定) 予備日は翌12日(祝)
集合場所:浦幌町厚内漁港
参加費:野鳥の会会員5000円 一般6000円 学生3000円
海上調査については以下のリンクを参照ください
調査に参加して海鳥を見る

261006-25.jpg
<戸蔦別川河畔林・富士町孤立林調査兼観察会> 担当:千嶋 夏子(080-1187-8828)
集合場所:帯広畜産大学講堂前駐車場(正門入ってすぐ左側)
日時:10 月 4 日(日) 9:00 集合 植物 講師:佐藤敏郎 富士町孤立林で行います
秋の草花を観察します。涼しくなってきた森の中を散策しながら植物の講師の方の説明を聞きます。
日時:10 月 25 日(日) 9:00 集合 鳥類 講師:千嶋淳 戸蔦別川河畔林で行います
カラ類やキツツキ類など十勝の留鳥を中心に観察します。カシラダカ、ツグミなどの冬鳥にも期待。

オジロワシ
<十勝川下流天然記念物鳥類観察会&十勝川ワシ観察クルーズ>東十勝ロングトレイル協議会主催
担当:室瀬(090-3119-6568)
このところ十勝川へのオオワシの飛来時期が遅くなっているようなので、今年は 1 週間遅らせて実施
します。東十勝ロングトレイル協議会との共催観察会も 1 週遅れての開催です。どちらも翌日の日曜日
には「十勝川ワシ観察クルーズ」がありますので、こちらにも是非ご参加下さい。なお、支部主催行事
と東十勝ロングトレイル協議会主催行事では参加費が異なりますので、ご注意ください。
十勝川千代田新水路でサケの産卵、オジロワシ、オオワシ、十勝川下流でタンチョウやガン類を観察
します。なお、ハクガン、シジュウカラガンは南下して観察できない可能性があります。

十勝川下流天然記念物鳥類観察会
日時:11 月 21 日(土)9:10 (9:30 発)
集合場所: 帯広建設会館集合
参加費:4000 円(昼食費込)定員 25 名

img_8889a_201509291057088cf.jpg
十勝川ワシ観察クルーズ:11 月 22 日(日)
集合場所:十勝ネイチャーセンター集合
集合時間:10:00
参加費:3000 円~7000 円(参加者数により金額が変動します)定員 8 名

1390719.jpg
<十勝川千代田新水路ワシ観察会> 担当:室瀬(090-3119-6568)
日時:12 月 13 日(日) 10 時十勝ネイチャーセンター集合
産卵を終えたサケを求めて飛来しているオジロワシ・オオワシを観察します。
[ 2015/09/29 11:15 ] イベントのお知らせ | TB(0) | CM(0)

野鳥授業「野鳥の子育て」

8月25日、下音更小学校で野鳥授業を行いました。今回のテーマは「野鳥の子育て」。マガモ、シジュウカラ、オオタカの各チームに別れて各種類のルールにしたがって何羽ヒナが残るのか!ゲームです。
スライド1

ゲームのルール
◎マガモは生まれてすぐ巣から出て親と行動します。
◎シジュウカラは産まれると親がはしで虫(麻糸)を取ってきて雛にあげます。4つで巣立ち、巣立ちしてからさらに4つ食べたら親から独立です。
◎オオタカは生まれたらオス親が餌として巣立ちしたマガモ又はシジュウカラのヒナを取ってきます。オスはメスに餌を渡して、メスはヒナに与えます。この時ヒナにどう餌を与えるかでヒナが生き残るかどうかが決まります!順番に生まれるヒナに平等に餌をあげると全員餓死してしまいます。まずは一番先に生まれたヒナに餌を優先してあげなくてはいけません。

IMG_4707atu.jpg
マガモチームで説明中。マガモは生まれてすぐに親にくっついて行きます。ヒナは自分で歩いたり泳いだり餌を食べることができるので親はヒナを連れて移動するだけです。

IMG_4733atu (800x533)
オオタカチームで説明中。オオタカは複雑なのでオス親、メス親にスタッフがついて説明したりアドバイスしたりします。メス役はヒナに与える餌の量を考えないといけないので大変です。またオオタカが無尽蔵に餌を獲ってくるのは自然らしくないので、1分に1羽しか獲ってはいけないというルールにしてあります。


[ 2015/09/07 12:14 ] 野鳥授業 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。